制服少女が腹パンチ悶絶 玉響桃乃のお腹を殴りたい人へ…

玉響桃乃のお腹を殴りたい
お腹を殴られて苦しむ女性の姿を見たい貴方の妄想を叶えます。
童顔な玉響桃乃ちゃんが腹パンチ動画撮影に挑む。お腹を殴られたいという妄想的な願望が現実のものとなる。男の硬い拳で少しづつパンチの連打を打ち込み、体を慣らした後に本物の強い腹パンチを打ち込んでいく。やはり現実の腹パンチは相当きつかったらしく、両手でお腹を押さえて悶絶し、その場にうずくまってしまった。もう許してと涙目で哀願し始めた。それでもグラサン親父は執拗な腹パンチを繰り返し打ち続けた。撮影が終わったと思わせた帰る間際も、彼女の一瞬の油断をついて華奢な身体の鳩尾に渾身の一発を叩き込んだ。


表情を歪ませながらも耐える玉響桃乃。

意識を持たせてたっぷり甘みがない腹パンチの底知れぬ苦しさを与える。

肋骨直下の本物の鳩尾に、拳が物凄いスピードで深くめり込む。

作品名:玉響桃乃のお腹を殴りたい人へ
女優名:玉響桃乃
身長:149cm B84 W59 H83
メーカー:BODY ZONE
収録時間:53分22秒

女子腹パンチ作品情報

女子腹パンチなど全く趣味ではないと言いつつも再度挑戦してきた玉響桃乃。幼い女の子だが根性は一人前である。無意識に自らキュートな柔肌ボディを差し出す。瞬殺の鳩尾への突き刺しパンチでのた打ち回るが、グラサン親父は表情も変えることなくこの程度では決して彼女を許さない。彼女の制服を脱がせて腹パンチ続行だ。
言葉だけは強気で、私に腹パンチして下さいと言うわりにはビビってお腹を両手でかばおうとする玉響桃乃。乱暴に押さえつけ膝で潰して呼吸が乱れた隙を狙ってはお腹の中心を殴る。その痴態の全てがリアルドキュメント。
受け身を取らせないようにフェイントを使って玉響桃乃のお腹を狙う卑劣な腹パンチ。最後は手足を拘束して無防備な状態にさせて腹筋の力が抜けた瞬間を待つ前門の虎、後門の狼。いつまでも我慢は続かない。彼女が息を吐いた瞬間に物凄いスピードの拳が打ち込まれる。狂乱の舞台に立ち続ける玉響桃乃ちゃんは、最後はどうなってしまうのだろうか。制服少女のその後の結末は、是非ダウンロードしてご覧ください。